ハンブルク(Hamburg)

 DSC03532 DSC03255
ベルリンを出て、リューベックに寄り道をしたあと、ハンブルクに到着。ハンブルクの中央駅は珍しく「行き止まり式」ではありませんでした。大きな屋根で覆われたドーム型の駅です。「ハンブルクの駅構内は治安が悪い」なんて聞いていただのですが、とくにそれは感じませんでした。

DSC03506
ハンブルクの中心です。あいにくの天候でした。

DSC03324
ハンブルクのSバーンです。新しめの車両ですね

DSC03330 DSC03329
こちらはUバーン。一部地上に出ています。写真はハンブルクの港湾地区でした。

DSC03338 DSC03493
ハンブルクでは「ミニチュアワンダーランド」という巨大ジオラマのテーマパークに行きました。鉄道模型趣味人の聖地。巨大倉庫の中にジオラマが広がります。そちらの模様はこちらでレポートしています。
ミニチュアワンダーランド・ハンブルク

DSC03510
街角にふと教会が。それにしても天気が悪いですね。これで14時くらいです。

DSC03316
ハンブルクは古くからの港町。世界中の船がハンブルクに来港します。運河も街の中心地まで走っています。

DSC03520
私は大のビール好きなのですが、ニュルンベルクで通訳さんから教えていただいた「ヴァイツビール」がとてもおいしくて、ドイツにいる間、ずっとこの白く濁ったビールを飲んでいました。小麦から作るビールで、南ドイツで多く飲まれます。ドイツのお酒を飲めるお店に行ってビールを注文すると、「どのビールにする?」と聞かれます。どこのお店でもピルスナー(日本のビールと同じ)、ドゥンケル(黒ビール)とヴァイツは用意されています。ぜひ「アイン ヴァイツビーア」と注文してみてください。ハンブルクをあとにするとオランダに入るので、最後のヴァイツビールと思いかみしめて飲みました。

DSC03535
ドイツ名物の、豚のカツレツです。Wiener Schnitzel (ヴィーナーシュニツェル)と言います。ドイツの最後の夜を楽しみます。

ぐるっと海外鉄道旅行のトップに戻る

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です