アンネ・フランクの家(アムステルダム)

DSC03612
こちらはアンネ・フランクの家です。フランクフルトに住んでいたアンネ・フランクの一家は親類を頼ってアムステルダムに住みます。しかし、ナチスの勢力はオランダにもおよび、潜伏生活を余儀なくされます。

その建物がこちらです。現在は博物館に改修されて、外側はガラス張りになっていますが、内側、特にフランク一家が潜伏していた「本棚の向こう側のスペース」はそのまま残されています。

ヨーロッパの博物館にしては珍しく、建物の中の写真は撮影できなかったので、掲載できませんが、とても心を打たれました。ぜひ一度訪れてみてください。

DSC03616
アムステルダム中央駅からトラムで5分。入場規制があるので、昼頃にはご覧の通り長蛇の列になっていました。私は朝一で行きましたが、それでも15分ほど待ちました。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です