本場ドイツのオクトーバーフェストに行ってきた2(参戦編)

本場ミュンヘンのオクトーバーフェスト参戦記です。

当日は今回の宿であるガウディンガーホーフから出発。列車の中もすでにオクトーバーフェストモード。バイエルンの民族衣装を着た人がいっぱい。ミュンヘンに近づくに従って、乗ってくる乗ってくる。

彼らには、「会場で飲むから喉をカラカラにして行こう」などという奥ゆかしい発想は一切なく、鉄道車両の中でも大宴会。

アクセス
ミュンヘン中央駅の一個手前のHackerbrucke駅から会場に向かいます。

道に迷うことは絶対にありません。なぜなら大勢のビールバカ達が同じ方向に向かって歩いていくからです。それについて行けば全く問題なし。
そのほかにもUバーン(地下鉄)のThresienwiese駅が会場直結です。一般的にはこちらからアクセスする方が多いようです。

駅からの会場への道。
世界中から「ビールバカ」が集う祭典。
おっかなびっくりの人と、すでに準備万端の人が入り混じる天国への道です。
異常なサイズのプレッツェルも売ってますが、ビールがお腹に入らなくなるので自粛。

会場に到着・・・・
予想をはるかに超える規模。
そして、とんでもない数の人。
どこから説明して良いのやら・・・

どうやら、屋外で飲むわけではなく、各メーカーが用意した大きなテントの中での飲食になるようです。
まずはぶらぶら会場を散策します。


お目あてのビールメーカーがあれば、そのテントに入りましょう。
ただ、もちろんキリン、アサヒなんてありませんので、日本人の私にはどこに入っても同じかも。

まずはPaulanerに突撃。

テント前にはたくさんの人だかり。

この日は最終日目前の週末。どこのテントも予約でいっぱいとのこと。

想定外。

ここまで遠い異国のビールの祭典にわざわざ来てビールが飲めない事態に・・・

ガードマンは「明日の朝一番で来い」の一点張り。

どうする・・・

超有名メーカーのPaulanerは諦め、あえて全く聞いたことのないメーカーのテント前へ。

こちらでも「明日の朝一で来い」対応だったのですが、メインゲートの横にあるサブゲートのようなところで、ガードマン相手に「遠くから来た日本人が物欲しそうにする攻撃」を15分ほど続けていると、「わかった、ちょっと席空いたから、お前、来い」(予想翻訳)と手招き。他の20人ほどと一緒に中に入れてもらえました。

というわけで、コツとしては「サブのゲートで少数の入れ替わりの時間を根気強く待つ」です。おためしあれ。

各店テント入場は無料。
座席は予約制のようです。自由席もあるのかもしれませんが、私が行った時はすでに会場はびっしり。

長くなったので、テント内のレポートは次の記事で。

 

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です