イギリス保存鉄道 エッピング・オンガー鉄道(EPPING ONGER RAILWAY)

P5100165
ロンドン近郊の保存鉄道「エッピング・オンガー鉄道(EPPING ONGER RAILWAY)」に行ってきました。
こちらの保存鉄道はロンドンからアクセスが良いのが魅力。
ロンドン地下鉄(UNDER GROUND)を利用して訪れることが出来ます。

P5100031 P5100032 P5100034 P5100035 P5100041
ロンドン地下鉄のCentral線の終点EPPING駅で下車。ロンドンの中心から一本です。
そこからはレトロな2階建てバスが、NORTH WEALD駅まで連れて行ってくれます。
途中、かわいらしい市街地も通過します。2階からの眺めが素敵ですよ。

 

P5100047 P5100086
こちらがNORTH WEALD駅。駅舎から向かって右側がCoopersale駅、左側がOPPING駅。
この両駅間を運行します。
青い空の向こうはCoopersale駅です。

P5100053
NORTH WEALD駅の跨線橋。
かわいらしい跨線橋ですが、現在使用は出来なさそうです。

P5100060
この鉄道は、珍しいことに、新しめの車両の運行を行っています。
SLだけでは無く、こうした車両の保存も始まっているんですね。

P5100083 P5100081 P5100080P5100079
こちらの新型車。
話によるとディーゼル・エレクトリック・マルチプル車両(DEMU)とのことで、電車でもあり気動車でもある汎用性が高い車両です。Class205という名前です。
通称”Thumper”くん。広く愛されている車両です。

P5100105
およそ1時間おきに新型車(?)とSL列車が運行します。向かいのホームにSLが。
私は、まずはThumperに乗って、ONGERまで行きました。

P5100113 P5100123
とても天気に恵まれました。
菜の花が揺れて、とてもきれいです。
ロンドンは、地下鉄で1時間弱乗車するとこんな景色に会えるんですね。

P5100154 P5100165P5100171  P5100169
ONGER到着。

P5100172
天気も良いので街をぶらぶらします。
嫁はエコバッグを大量に買い込んでいました。
確かにお土産に良い。

P5100176 P5100177P5100179 P5100180
およそ1時間後、ONGERの駅に戻ると、SL列車が入線。

P5100178 P5100182
タブレット交換が始まります。
ボランティア青年。感心です、かっこいいぞ!

 

P5100190P5100236
4141号。かっこいいです。
ものすごくおおざっぱに言えば、トーマス形でしょうか。

P5100232 P5100248 P5100259 P5100263
機回し完了。

P5100272 P5100274
復路は後ろ向きで走行。
連結作業にたくさん人が集まります。

P5100277 P5100185
信号所からおじさんが手招き。
ポイントの切り替えレバーを見せてもらいました。
すごい本数ですね。ガチャコン!ですね。

P5100212 P5100213
機関室も見せてもらいました。
保存鉄道の人はみんな優しいです。
特に、「日本から来た」なんて行った日にはいじられまくりです。

P5100254 P5100293P5100304 P5100310 P5100316 P5100318
ONGER-NORTH WEALD間はおよそ15分ほど。
あまり長くは無いですが、きれいな景色と、大きな空に恵まれて、とても気持ちが良いです。

P5100340 P5100366 P5100376 P5100380 P5100381 P5100394
いかがでしたでしょうか。
エッピング・オンガー鉄道の旅。

ロンドンからのアクセスが非常に良いという点と、レトロな2階建てバスに乗れるというオプションが着いて、
大満喫の保存鉄道ツアーになりました。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です