• Category Archives: カナダ

トロントの空港でホストファミリーと会えず・・

カナダ

1995年 カナダ トロント

学生時代に語学研修でカナダのトロントに行きました。
大学の春休みを利用した2か月間です。
語学学校を探したり、飛行機の手配など初めて自分一人でやりました。
カナダは比較的安全だと教授からも聞いていましたし、実際、ホストファミリーの家では外出時鍵をかけたりしません。
私の場合治安ではなく、別なトラブルでした。
まず、空港に着いたら、屈強そうな黒人のポーター(?)がカバンを持ってくれました。
このことは事前に地球の歩き方を読んで知っていたので、5ドルも払えばいいかと思ってお願いしました。
次に「WELCOME~」のようなボードを持って待ってる人たちがたくさんいるので、その中で自分の名前を探したのですが、いくら探してもないのです。
しばらくポーターさんも一緒に探してくれ、インフォメーションの方にも話してくれたのですが、首を横に振るだけ。
15分くらいたっても見つけられないので、ポーターさんは「そろそろ行かないと」的なことを英語で言いました。
それで5ドル払うと「時間がかかったのでこれでは足りない」と言われ、もう5ドル払いました。数時間待ってもお迎えは来ず、学校に電話しても、週末だからか誰もです、私は血の気が引く思いでした。
もう遅かったので、インフォメーションの人に安いホテルを紹介してもらい、ホテルのシャトルバスに乗りました。
車中で隣になったインド系の男性がニヤニヤしてやたらこちらを気にするのです。
なんだろうと思っていると「今夜一緒にどう?」と言われました。
私はこんなの初めてだったので驚きましたが、「ノーサンキュー」と言って断りました。
ホテルの部屋は小奇麗でしたが、鍵がフックタイプですぐ開けられてしまいそうでした。
私はベットの上でこれからどうしようと途方に暮れ泣いていました。
すると、誰かがノックするのです。
私はさっきの男が私がどこの部屋に入るのかを見ていたのを知っていたので、怖くなり息を殺してドアを見つめました。
ノックはしつこくて、最後には若干体当たりをしている感じだったので、でかいスーツケースをドアにくっつけてこちらからも押しました。
しばらくして立ち去ったようでしたが、気が抜けなくて夜はほとんど眠れませんでした。
結局翌日学校に行くと、ホストファミリーが日にちを間違えて迎えに来なかったらしいのです。
ホテル代も学校が支払ってくれました。でも、とんでもない思いをしました。
トロントは食べ物も美味しく、街も綺麗です。
夜も比較的安全でしたが、クスリの売人がいたり、娼婦がいたり、場所によっては危ないのでご注意を。

バンクーバーで乱闘騒ぎ

カナダ

2001年 カナダ・バンクーバー

大学時代に夏休みを利用して、カナダのバンクーバーへ短期の留学をした時に、少し危険な出来事を経験しました。
現地で通っていた語学学校の生徒さん達と一緒に、夜に花火大会へ出掛けた帰りに、目の前で乱闘事件がありました。
男性がお互いに殴り合い、血まで流し合っていたくらいで、とても怖い経験をしました。
カナダは海外でも珍しく、銃の所持などが禁止されており、比較的治安の良い国で有名ですが、実はカナダとアメリカの国境は、比較的緩やかに行き来できる状態で、取り締まりもそれほど厳しくなく、銃を所持している人がいてもおかしくないと、後から人から聞いて驚きました。
もしあの乱闘事件の時に、銃を所持している人がいたらと思ったら、とてもゾッとしました。
目の前で殴り合いがあっただけでも足がすくんだのですが、それで銃を持っていたとしたら、きっとその場から動くことができなかったと思います。
ですので、これからカナダへ訪れることをお考えの方がいらっしゃれば、治安が良いとの情報だけを鵜呑みにするのではなく、もしかすると銃などを持っている人がいるかもしれないということを、念頭に置いておくことが大切かと思います。
また、少しでも怖い目に遭いそうと感じましたら、すぐにその場から立ち去ることも大切だと思います。

カナダで不審者がついてくる・・

カナダ

1999年 カナダ・モントリオール

友達とカナダを電車で横断するという旅行をしていた時の話です。
当時は宿泊代を節約するためにユースホステルに泊まっていました。
町を散策するために散歩に出かけたとき、友達が気付いたのですが、ずっと後を付けてくる人がいました。
目的はわかりませんでしたが微妙な距離をずっとつけてくるので、とても気味悪かったです。
日も暮れてきてスーパーに入ったのですが、そこにも入ってきてずっと見ています。
最初はとても怖かったのですが、こんなに怖がらされていることに対して腹が立ってきました。
私の怒りがピークに達しその人に「なぜずっとついてくるの!」と英語で話しかけました。
するとその人はとても驚いてキョロキョロしながら
自分が持っていた袋の中身をゴミ箱に捨て出しました。(何を捨てたのかは確認していません)特に何も言わずただ挙動不審の状態で立っていました。
友達は私のその行動を必死で止めていましたが、私は怒りが抑えきれなくて友達を振り切ってきました。
私が不審者と対話している間、友達は近くのお店の店員に助けを求めに行きました。
店員は私たちをユースホステルまで送ってくれました。
不審者はその後もしばらくついてきていましたが、店員がその不審者を見るといつのまにかいなくなっていました。
特に何かをされたわけではなかったのですが、とても怖かったです。
もし、その袋からナイフや拳銃が出てきたらどうするの!と友達にはとても怒られてしまいました。

カナダ リュックに注射器・・

カナダ

2012年 カナダ バンクーバー

私は2012年の秋に、1人で短期の語学留学目的でカナダのバンクーバーに滞在しておりました。
その中で起きた危険な事というのは、滞在中にドラック中毒者からリュックサックに注射器を入れられてしまいました。
以前に他の外国に行った事があり、初めての海外という訳ではなかったので特に不安などはありませんでした。
その時は特に危険な目にあったりもなかったので今思うと気が緩んでいたのかもしれません。
バンクーバーではドラッグを使った人が結構いるという話は聞いていましたし、ここのエリアはドラック使用者が多いから近づかない方がいいよとも聞いていたので気を付けてはいたつもりですが甘かったのだと思います。
私が通っていた学校はダウンタウンにあり、その学校から2~3本離れた道路がドラック中毒者が多い場所でした。
学校から近かったですが、普段その人たちはその通路以外ではあまり歩かないので特に問題なく過ごしておりました。
しかし、ある休日に私はどうしても行きたいお店があり、そのお店に行くにはそのドラック中毒者が多い場所を通るか、通りたくなかったらものすごく遠回りをするしかなかったので、一瞬通るだけなら大丈夫かなと思い通ってしまいました。
何も無くお店にたどり着けたので安心したのもつかの間でした。
飲み物を出そうと背負っていたリュックの中身を空けると注射器が入っていました。
あまりにも恐怖で道に捨ててその場を離れました。海外ではこういう事も気をつけないとダメなのだなあと思いました。