• Category Archives: インド

インドの2等列車で・・

インド

2002年 インド・チェンナイ

インドにニューデリーから入ってアグラ・ジャイプルなどを回り、ヴァラナシを経て南インド(チェンナイ)行きの電車に乗りました。
現地人に頼んで1等車のチケットを取ってもらったのですが、1等車の乗り込み時間に遅れて車両のシャッターが閉まってしまい、仕方なく2等車に乗り込みました。
山手線の車両をグッと古くしたような内装の車両で、荷物も個人管理でした。
車中で日本人女性と知り合い、他に乗っていたインド人なども交えて話したりしていたのですが、夜も遅くなったので別れました。
また、インドの大学院で経済を勉強している、というインド人とも出会い、とりとめのない話をして別れ、車両の座席は全部塞がっていたので連結部の椅子で寝ることにしました。
隣ではインド人の老人が毛布にくるまって寝ています。
連結部なので風が吹き込んできてかなり寒かったので、日本で着ていたジャケットを羽織って寝落ちました。
次の朝、目を覚ますと足元に置いておいたボストンバッグが丸々なくなっていました。
しばらく血眼になって探し、「盗まれた」と気づくのにかなり時間がかかりました。
その時は精神状態もかなり危なく、目眩がして数時間寝込みました。
乗務員を探し出して事情を伝えましたが、「お前の責任だ。当方は関係ない」とにべもなく突き返され、チェンナイに着いたところで日本領事館に駆け込み、日本にいる父と連絡を取って帰国便の手配をしてもらいました。
危ない、と言うよりは間抜けな話ですが、こんな目に遭ったのは私だけではないと思います。

インド・ニューデリー 白タクで・・

インド

2012年 インドニューデリー

インドで体験した話をします。
2,3年前の話です。私は海外一人旅は初めてでした。
インドを選んだ理由は、沢木耕太郎さんの「深夜特急」の影響で行きたいと思ったからです。
出発前に最初に泊まるホテルを予約しました。
そのホテルは送迎バスつきと書いてあり、私は安心して日本からインドへ向かいました。
当日、ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港に着いたのは午後10時。
そのときまだ最寄の駅まで行く電車が工事で止まっており、動いていませんでした。
しかし、空港に送迎バスが来るとネットには書いていたので、私は送迎バスを探しました。
1時間後見つからず、結局自分の送迎バスはありませんでした。
仕方なく、空港にいた案内人に聞くと
「タクシーがあるからそれに乗れ。」と言うのです。
私が「いくらだ?」と聞きますと、「だいたい250~300ルピー(その当時のレートで、約400~600円ほど)だ。」と答えたのです。
私は、初日だからそういったトラブルもあると思い、致し方なくタクシーを利用しました。
タクシー場に名前を書き、待つこと30分。「come,come」
という男の声が聞こえました。私は自分の番かと思い、彼について行きました。
彼は「どこに行きたいんだ?」と言うので、私はホテルの名前が記載されているメモを見せ、彼は少し首をかしげながら「OK」というのです。
すると彼の周りに人が集まり、なにやらニタニタ母国語で話しているのです。「じゃあ行くぞ」と言い、彼は運転せず、違う運転手が乗り込んできました。
「これタクシーなのか?」私は半分疑いました。
疑う余地もなく、車は走りました。
20分後、急に止まり、彼が言うのです。「タクシー代2500ルピーだ。」と。
私は耳を疑い、250の間違いだと思い、彼に250ルピー渡しました。すると彼は「NO!2500!」と声を荒げて言うのです。
「もし払わないんだったら、ここで降りるか?」と言われ、外を見ると夜中にもかかわらず、車がびゅんびゅんと飛ばし、とてもじゃないけど外に出れません。私がこのインドの街を把握していれば問題なかったのかもしれませんが、初めてでしたのでしぶしぶ2500ルピーを払ってしまいました。
その後、30分が経過していました。気づけば深夜1時です。
すると彼は「着いたぞ。」と言い、見ると自分が予約ホテルとはまったく違うホテルでした。
私は「これは違うぞ!」と声を荒げて言うと、「君のホテルは見当たらなかったんだ、だから俺の知り合いのホテルに連れてきたんだ。ここなら顔が利くから安くなる。」と言うのです。
これがお昼時だったら私は必死に逃げたでしょう。しかし時刻は深夜1時過ぎ。
私は足を震わせながら、そのホテルに行くと7人ほどのインド人が待っていました。
ホテルの支配人らしき男が「ジャパニーズ、1泊2万円だ」と言うのです。私は「そんなの払えない」と言うと、
周りの人が囲み、「この深夜に外を出るのか?デリーの夜は危険だぞ。」と脅すのです。
私は震えながら払いました。
しかしまだ悲劇は待っていたのです。
私が部屋で寝ようとすると、男がついてきて部屋を閉め、
「ここまで送った代金をよこせ」と言うのです。
私は「いや、さっき2500ルピー払っただろう。」と言うと、「あれはお前のホテルを探すためのお金であって、ここまで送った代金は含まれていない。」と言うのです。
私は怒りが心頭し、「NO!Money!You go out!!」と言うと、
彼は私に近づき、「これは俺の街だ。お前は赤の他人だろ?従うのがルールだ。」と言うのです。
私は唖然としました。冷や汗が流れたのを覚えています。

私は2000ルピーほど支払い、彼は去っていきました。
「また明日来るからな。」と言い放ちながら。

私は彼がいなくなった後、足がガクガク震えたことを覚えています。寝ようと思っていても、15分ほどで目を覚まし、彼の最後に言い放った言葉が脳裏から離れませんでした。
時刻は深夜3時すぎ、部屋の窓から外を見ると歩いている人たちがいました。
もしかしたら彼らについていけば、駅につけるかもと思い、私は意を決し、外に出ました。
フロントのインド人に「この時間にどこ行くんだ?」と聞かれましたが、私は無視し、外へ出、歩いている人たちに着いて来ました。
5時間ほどひたすら歩きました。すると駅が見えるではありませんか?私はほっと安堵をし、無事その後インドを旅しました。
これが私の海外旅行で起こった危険な出来事です。

インドデリーの中級?ホテル

インド

2006年 インド デリー

昨今、インドでの性犯罪がクローズアップされており、日本では考えられないような事件がほぼ毎日のように起きており、旅行中の外国人も多く被害にあっているという事が報道され、インドへ行く事に強い警戒を抱いている女性が多いです。
しかし、私がインドを訪れた2006年頃にはインドでそれほど凶悪な性犯罪が起きているという認識はありませんでした。
私はできるだけ学生時代に色々な国へ行き、色々な価値観に触れたいと思う気持ちからインドを訪問しました。
しかし、訪問前にインドを訪れた事のある先輩に旅行慣れしていないならば、バックパックの旅はしてはいけない、ある程度の料金を払って、ある程度以上のホテルを抑えておくことを力説されました。
私はバックパッカーの旅を想定していたのですが、信頼できる先輩のいう事を聞いて上から3番目くらいのランクのホテルを予約する事にしました。
インディラ・ガンジー空港に着いたのは夜の9時頃だったのですが、空港を一歩出るとものすごい人だかりが押し寄せてきてバクシーシという寄付を求めてきました。
人ごみをなんとか押しのけて、手配してあったホテルへ直行したのですが、チェックインの時にフロントの男性がやけにニヤニヤしていて気持ち悪い感じでした。
嫌な感じがしたのですが、部屋まで荷物を運んでもらってお礼を言ったのですが、なかなか部屋から出て行きません。
強めの口調で出て行くように指示し、鍵を閉めていたのですが、それから3時間ほど部屋の電話が鳴りました。出てみるとインド訛りの英語で男性が遊びに行こうという事を言っていました。
この電話はフロントからだったので、合鍵で部屋に入ってきたらどうしようと思うと怖くて怖くて眠れませんでした。
また、用も無いのに部屋をノックしてきて、何か不便は無いかというような事を言ってきたりして非常に怖かったです。
明るくなってすぐにチェックアウトしました。
本当はそのホテルに3日間泊まる予定だったのですが、すぐに別のランクが上のホテルに変わりました。
最初のホテルもそれなりの値段のするホテルだったのですが、非常に怖かったです。

インド・バンガロールの街とタクシー

インド

2011年 インド バンガロール

海外旅行でインドのに旅行に行き、バンガロールとマイソールの2箇所を回りました。
インドが怖いところだということはわかっていましたが、やはりかなり危険であるということは感じました。
というのはこの都市には自分で自力で行くことはほとんどできません。道がわかりにくいし、歩いて観光できるような雰囲気ではないからです。排気ガスがひどくて空気はかなり悪いのです。
おまけに観光客は少なく、インド人というのはみんな肌の色がブラウンか黒っぽい色をしていて、アジア系の色の人はほとんどいないので目立ってしまうのです。
バイクタクシーのような車に次々声をかけられます。それを断るのも一苦労です。

宿泊をしているホテルから観光することになり、とりあえずツアー会社を探すことにしたのですが、歩いて探すのは無理であり、あまりにも情報が少ないこと、そして英語も思ったより通じないのでバイクタクシーを利用するしかありません。
ドライバーは喜んでくれて、単に目的地まで連れて行ってもらうことになったのですが、それだけでは満足せず、いろいろなところに観光させてあげたいと思い高いお金をふっかけてくるのです。それも最初は目的地までだけのタクシーとして受け入れたにもかかわらず、運転の途中からそういう営業をかけてくるのです。
もちろん断るとむっとして途中のわけのわからないところで降ろされてしまいました。
後は歩いていけというような捨てぜりふを残して行ってしまったのです。
インドというのは実に怖いところだと思いました。
バスチケットに関しても高いお金をふっかけられ、後で騙された事に気がつきました。
インドはとにかくだますことが日常茶飯事であるようですので、やはり注意した方がよいです。

インドでいきなりスーツケースを

インド

 

インド・チェンナイ 2011年9月

未曾有の大震災から半年後のある日、莫大なエネルギー資源がなければ人間社会は成立しないのかについて私は思い悩んでいました。
その状況をいつも傍で見ていた友人から、インドのオーロビルという場所の存在を教えてもらいました。その場所ではお金を必要としない暮らしを模索する実験場とのことで、一定の条件さえ満たせば居住が許されます。
頭の中で色々な感情が渦を巻いていて仕事が手に付かない状況でしたので、早期退職をして私はインドに飛び立つことを決意しました。
インドまでは飛行機で行き、オーロビルへ行く前の手続きのためにチェンナイまで陸路で移動することになります。チェンナイに到着してから昼食を摂っていたとき、事件が起こりました。
体に密着させるように携行していたスーツケースを、見知らぬインド人に強奪されてしまったのです。その男は私の顔面を殴るような素振りを見せたので、抵抗できないままスーツケースを引き離されてしまいました。
その後で食堂の店員さんに慰められながら聞いた話ですが、スーツケースのために私が抵抗をしていたら刃物で刺されていたかもしれないとのことでした。
インドでは、どんなに大切なものでも強奪をされるような状況では素直に差し出すことが利口だと思います。
結局のところ、必要書類等は全て紛失したので大使館の助けを借りて帰国することになりました。