ブルーベル鉄道訪問記(イギリス保存鉄道の旅)

DSC06530

あまたの英国保存鉄道の中でも一番有名なものの一つ、ブルーベル鉄道に行ってきました。

 

DSC06520

SOUTERN RAILWAYで、ロンドンからEAST GRINSTEADまで1時間ほど。

そこからは通常バスでキングスコート駅まで行きます。今回はタクシーで向かいました。

DSC06647 DSC06545 DSC06547

タクシーでキングスコートの駅に到着しました。小さなかわいらしい駅です。

オフシーズンですので、本日の運行は3往復です。

DSC06532

ホームに向かうと、既に列車が来ていました。

緑色の旧型客車。

DSC06528 DSC06530

到着したばかりでしたので、ホームの端では、機関車の付け替え作業実施中。

 

DSC06535 DSC06536DSC06537

いったん、向かい側のホームで豪快に目の前を通り過ぎ、

遠くの方でポイントによって、レールを切り替え、

ゆっくりとホームに到着。

往路は後ろ向きに走ります。

DSC06542ちびっこは機関室に乗せてもらえます。

 

DSC06539テンダーには「BRITISH RAILWAYS」のロゴ。獅子がかっこ良いです。

DSC06550 DSC06549

バネがよく聞いた座席。大きな座席です。

スナックコーナーもあり。

コーヒーやらビールやら買えます。

紳士淑女が物色中。

 

DSC06614

 

天気がよいのが何よりです。

DSC06554 DSC06556DSC06557 DSC06555

途中駅ホーステッドキーンに到着。小物にまでこだわりが見られます。

かわいい蒸気機関車も止まっていました。

DSC06628DSC06626

さらに旅は続きます。途中古い貨車が止まっていました。保存状態が良いです。

DSC06592

終端駅、シェフィールドパークに到着

DSC06597 DSC06596

駅舎もよく保存されています。いかにもイギリスな、赤煉瓦の駅舎。

なかなかの充実ぶり。ショップや、ビールはもちろんの軽食店もあります。

DSC06586 DSC06571

DSC06580 DSC06569

DSC06578

シェフィールドパーク駅に隣接して、機関庫があります。この機関庫が、実に充実しております。

動態保存車が多いようです。パシャパシャ写真を撮ってしまいました。名車ぞろいです。

DSC06603 DSC06593

名残惜しいですが、帰りの列車が出てしまいます。

これを逃すと2時間後・・・

機関車は準備万端。私も客車に乗り込みました。

 

DSC06616 DSC06635

DSC06613

往路。

本当に天気に恵まれました。

田園風景の中列車は進みます。トンネルもあり。

腕木式信号機もしっかり保存。

プロフェッショナルな保存技術と、

ほのぼのとした風景が、とても良いです。

小物まで含めて保存するっていうのは、

想像よりはずっと地道な努力が必要なものなんだろうなと思います。

DSC06615DSC06637

キングスコート駅に到着。さて、ロンドンに戻ろうか。

アクシデントが・・・

本日はバスの営業がないとのこと。

そう言えば、行きのタクシーで運転中に「帰りはどうするんだ?」と言われましたが、「大丈夫さ」と、ノーサンキューしてしまいました。

そう言うことだったのか・・・

キングスコートの駅員さん曰く、

「中間駅のホーステッドキーンからバスが出ているよ」との事だったので、

ホーステッドキーンまで再度乗車することにしました。

一日券でしたので、問題なし。

DSC06649

というわけで、

再度、ホーステッドキーンの駅に到着。

ところが、平日はバスがこの駅に寄らないとのこと・・・

3マイル先にあるホーステッドキーンの街まで歩く事に・・

DSC06652DSC06653DSC06651

シンプルな標識。

話によると、2マイルくらいとの事です。

マイルってどれくらい?

DSC06654 DSC06655

DSC06658

着いた。

途中何度も地元の人に道を聞いて、たどり着きました。

郵便局一件、PUBが2件。小さな集落です。

DSC06668 DSC06671

くたくたになって、PUBに入りました。

今度のバスは2時間後。エールビールで日光浴です。

DSC06669DSC06670

 

DSC06674

普通に馬を見かけました。乗用馬?

 

DSC06658_1DSC06664

街の教会にも行ってみました。イギリス国教会でしょうか。質素な作りです。

ホーンテッドマンションに出てきそうな墓地もありましたが、どことなくのどかです。

ちゃんとバスに乗ってEAST GRINSTEADまで戻ることができました。

旅にトラブルはつきものです。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です