大宮鉄道博物館所蔵のコンテナ

大宮にある鉄道博物館に所蔵されているコンテナを列挙します。


19D型、比較的新しく、現役のコンテナも多く存在します。現在はJRFマークがJRマークに変更されていっているようです。


UF15A冷凍コンテナ
見た目にもクールな冷凍用コンテナです。


6000形式コンテナ
国鉄時代の代表的なコンテナといえばこれ。
戸口から戸口へが強烈な印象。


T10形式タンクコンテナ
国鉄産の最初期のタンクコンテナです。
この後のタンクは私有コンテナになっていきます。

以上大宮のコンテナたちでした。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です