サンクトペテルブルク鉄道博物館1

ロシアサンクトペテルブルクの鉄道博物館にいってきました。


アクセス
入り口は地下鉄1号線のバルチースカヤ駅を出てすぐです。
しかしこの入り口が「ここ、入っていいの?国鉄職員の駐車場じゃなくて?」というような場所を抜けた先にあるという、いきなりのハードルの高さ。

バルチースカヤの駅を出ると、駅前のロータリーのような箇所に出ると思います。ロータリーに向かって左後方にものすごく小さく看板が着いています。


この看板で分かるわけがない・・・

手前の白い建物は駅の出口。その奥にあるのが鉄道博物館です。


これが博物館の入り口です。それにしても入り口が狭い。入るのがはばかられるレベル。

2018年度版の地球の歩き方にも載ってないこちらの博物館。
サプサン号の中の車内誌い簡単に掲載されている程度でした。
正直全く期待していなかったのですが、中に入ってみると圧巻に次ぐ圧巻。
絶対に訪問を後悔することはありません。

かっこいいライティングに入り口から興味をそそられます。

チケットを買い荷物をクロークに預け入場。
クロークはかなり広いので、大きなものを預けてもオッケー。
入り口は向かって左側。係のお兄さんが立っています。

細い通路の奥ににあるドアを入ると昔の鉄道車庫のようです。

 


まずはこちらの緑の機関車がドドンとお目見え。かっこいい。そしてフォルムがどことなく新鮮・・・


この機関庫には4編成ほど並んでいました。


もともとターンテーブルがあった場所には大きな丸いハンドルのようなものが。このハンドルを操作して、周りの映像が連動し、あたかもタイムスリップしたかのような体験ができます。子供受け抜群。楽しみながら歴史を勉強できます。

この時点で大興奮。しかしまだ奥があるようです。どうやら屋外展示が・・・?

パート2に続く

 

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です