アメリカではUBER(ウーバー)が強烈に便利。でもApple Payが・・・

アメリカでの短距離移動はスマホアプリ”UBER”が圧倒的にお勧めです。

UBER(ウーバー)とは、
一般の人が、自身が所有する車を使って行うタクシーサービスです。日本で言うところの白タクではありますが、アメリカではほとんどの州で合法になっています。

その配車方法がとにかく簡単で、スマホ行き先を入力するだけ。

こちらは日本でUBERを開いた場合。今の所日本ではハイヤーしか呼べないので、地図上に車がほとんどいません。

なぜタクシーよりUBERかというと、とにかく簡単だからです。
タクシーを呼ぶ場合、電話をするかホテルで依頼するかが必要で、どうしても英語スキルが必要になります。また、日本人が苦手なチップ制度もあり、気苦労があります。

その点UBERなら
1、スマホアプリを立ち上げる
2、行き先を入力する(もしくは地図上で指定する)
3、車が来るのを待つ(ほとんど5分以内に来ます)
4、到着したらお礼を言って降りる

のみです。

代金お支払いはアプリ上で行います。
現地に着いたらドライバーから完了通知が届き、チップを払うかどうか聞かれます。チップは払わなくても可。

ドライバーは多種多様。男性も女性も各々の空いた時間にUBERで副収入を得ているようです。

 

一つだけ重要な注意が。

アプリ上での支払い方法ですが、Apple Payとクレジットカードが選べます(その他Paypalなどもあります)。このApple Payが曲者で、Apple Pay自体は支払い方法として動作するのですが、アメリカでのApple payは日本のクレジットカードだとエラーが起きます。支払い方法はApple Payを介さない「クレジットカード」を選びましょう。Apple Payを通さないクレジットカードでの決済はほとんど問題なく行えます。

ペイメントのエラーが決済のたびに出るので最初は戸惑いましたが、どうやらApple Payが悪さしていると判明すればあとはスムーズでした。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です