イギリス保存鉄道ケント&イーストサセックス鉄道 Kent & East Sussex Railwayに行ってきました。

イギリスの保存鉄道ケント&イーストサセックス鉄道(Kent & East Sussex Railway)に行って来ました。


ロンドン・チャリングクロス駅からサザンイースタン鉄道に乗ってアシュフォード(Ashford)駅まで向かいます。Ashfordからはバス(バスナンバー400)でテンターデンタウン(Tenterden town)に向かいます。結構な時間を走りました。40分くらいかな。


こちらTenterdenTown。大きな英国式教会が町のシンボルです。教会の周りのお墓がホーンテッドマンションのよう。


こちらテンターデンタウン駅。教会の近くなのでおそらくすぐにわかります。奥に見えるビニールハウスみたいな建物は一応”博物館”。


ちょうど列車が入って来ました。こちらは私が乗車する車両ではなく、同日開催されていたレストラン列車。ランチかティーパーティーかわかりませんが、おじいちゃんおばあちゃんが正装して参加していました。日本でも最近増えてますよね。


こちらがプルマンカーのレストラン列車。やはり一般車両より豪華な車両が使われています。


機回しして、往復運転に向かいます。


こちらのテンターデンタウン駅。昔ながらの手動式踏切があります。柵を使っての踏切です。


駅の脇の倉庫。実は博物館になっています。入るのは勇気がいるのですが、入ってみると意外にもしっかりとした博物館でした。ボランティアの方の心意気を感じます。

  
私も乗る一般車両が来ました。四角いボイラーがかっこいい!


客車です。1等車やビュッフェカー、普通の机と椅子が置かれた車両まで。バラエティに富んでいます。


車内で提供する飲食物は保存鉄道にとって貴重な収入源。どこの保存鉄道でも力を入れています。ここはLEVERS ALONEというエールビール(地ビール)に力を入れているようで、寄付の意味も込めて3本飲みました。


沿線には様々な博物館級の車両がゴロゴロと。ここの鉄道はよく保存されている方です。結構朽ち果てている保存鉄道もあります。貨物列車が充実しています。フォントが独特でこのロゴの文房具があったら買っちゃな。たぶん。


菜の花が咲き誇る美しい田園風景。遠くにはお城のようなものも見えます。観光地としては有名のようで、車での旅行客は目立ちます。


終点のボーディアム駅(Bodiam)に到着。特に何もない駅なので、単純往復します。機回しを見学。


テンターデンタウン到着。タブレット交換がかっこいい。

アシュフォード駅からテンターデンタウンまでのバスが少し長いのが難点ですが、ロンドンから日帰りで十分に行ける保存鉄道です。小さめなタンク車が好きな方はぜひ。

 

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です