マン島行きのフェリー

P5081621

イギリスとアイルランドの間に浮かぶ島、マン島に行ってきました。
マン島へはリバプールからフェリーに乗って渡ります。写真はリバプールのマージー川。マージー側へは、リバプールライムストリート駅から徒歩で15分くらい。ここから出発です。

P5081624-compressor
1日に多い時で3本。私は完全なオフシーズンに行ったので、1日1便でした。通常はマージー川のリバプールライムストリート駅側の岸壁から出航するのですが、時期によっては逆サイドから出航することもあるようです。十分注意してください。

aferry
チケットはこちらのページから取得しました。なんと日本語。便利な世の中になったものです。リバプールからはダブリン行きも頻繁に出ています。料金は5000円くらいでした。

P5081625-compressor
こちらフェリー。大きすぎて写真に収まりませんでした。この気持ち悪い3本足がマン島のシンボルマーク。不思議なことに、旅が終わる頃には非常に愛着のわくマークになること間違いなしです。

写真は撮れませんでしたが、かなり厳重な手荷物検査と、パスポートチェックがあります。
マン島は独自の文化、憲法、貨幣を持つなど、イギリス本土とは一線を画す行政区。その影響でしょうかね。
マン島といえば、バイクレースの世界では、世界的に有名な公道を走るレースが5〜6月に開催されるそうで、その頃は観光客でごった返すらしいです。
ちなみに私は5月上旬に滞在。バイクレースはまだ開催されておらず、パスポートチェックのお兄さんに「日本人がこの時期にマン島に何の用だ?なんにもないぞ?」と言われました。「古い鉄道に乗りに行きたいんだ。あと、島が好きなんだ」というと「物好きだな」という返事でした。悪かったな。でも、和気藹々のパスポートチェックでしたよ。

P5081626-compressor
こちらは船内。ご年配の方ばかりでしたが、結構な乗船率。みたところ観光と仕事と里帰りとで1/3ずつくらいでしょうか。

P5081637-compressorP5081643-compressor
出航。大きな船。ワイルドな出航でした。曇天。

P5081671-compressor P5081672-compressor  P5081627-compressor
船内ではビールを飲みながら過ごしました。やはり美味しいエールビール。お釣りはマン島紙幣でした。エリザベス女王のイラストではありますが、色も構図も違う独自紙幣です。船内にはスロットゲーム機も。日本人の感覚では結構びっくりするのですが、賭け事オッケーの国なので、現金スロットです。

P5081675-compressor
3時間くらいの旅だったでしょうか。途中寝てしまったので、よく覚えていません。

P5081678-compressor P5081677-compressor
夜、マン島到着。フェリーはイギリスからもダブリンからもダグラスという町に着きます。かわいらしいホテルが立ち並ぶ観光の街です。明日はここから鉄道旅行の旅です。

マン島の鉄道へ

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2016年4月24日

    […] フェリーの長旅でダグラスにたどり着いたのは夜。一夜明けて、ダグラスの街です。かわいらしい街ですね。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です