欧州サッカー観戦記フォルクスパルクシュタディオン(ハンブルガーSV VS シャルケ04)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドイツブンデスリーガの古豪「ハンブルガーSV」の観戦に行ってきました。

本拠地であるフォルクスパルクシュタディオンにはSバーンが便利。ハンブルグ中央駅からS3またはS21で15分ほど。Stellingen駅下車です。試合のある日はハンブルグ中央駅も厳戒態勢。警官が多数出動します。青いユニフォームを着た人についていけば間違いなく到着できます。1回乗車券1.5ユーロの圏内です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Stellingen駅前。寂しいフランクフルト屋があるだけ。その横のトンネルを5分ほど歩きます。もう既にみなさんアルコール充填済み。このトンネルを抜けた先に無料バスが待機しているのでそれに乗ればスタジアムの正面口まで連れて行ってくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタジアム正面に到着。バス停からスタジアムの入り口はほんの50mほど。
持ち物検査では、カメラは一眼レフでも全く問題なく持ち込み可能。ペットボトルの水は入り口横のゴミ箱に捨てさせられました。スタジアムの施設自体は本当にシンプルそのもの。コンクリートの無機質な建造物です。階段を登れば直ぐにホーム側の座席。チケットに座席番号が書いてあるので、チケットを見せながら進めば座席は教えてもらえます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタジアムです。今回は70ユーロ超の席を奮発してゲット。試合1週間ほど前の手配でしたが席にはまだ余裕がありました。チケットの手配に関してはHSVのホームページから購入しました。ドイツ語には戸惑いますが、特に難しくはなかったです。日本の自宅までチケットは郵送してもらいました。ホーム側ゴール裏にはHSVの熱狂的なサポーターが陣取ります。ドイツのスタジアムはホーム側ゴール裏だけは全席立ち見の場合が多いです。座席はなく、手すりがあるだけです。有名なブンデスリーガ1部残留時間を示す時計も見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残念ながら弱いHSV。フンテラールを温存したシャルケ相手に結果は0-1の敗戦。日本代表酒井高徳選手の出番はありませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタジアムのトイレはとても狭いので要注意。ハーフタイムにはそのとても狭いトイレに大柄なドイツ人が大挙して押し寄せます。オフィシャルショップのグッズ以外に売っているのはほぼビールとソーセージ(パン付き)のみ。バラエティに富んだスタジアム飯は全く期待しないほうがいいです。

IMG_6862

ドイツ人はみんな親切。隣のおじさんも飴玉くれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

試合終了。ホーム側の下にオフィシャルショップはあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰路。バス停の周りはいつの間にかビアガーデンに。ソーセージとビールが驚きの速度で消費されていきます。若干ディスコ的な要素もあり。踊っている人も。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Stellingen駅前の寂しい店舗も試合後には大盛り上がり。なるほど。

ブンデスリーガ初体験でした。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です