九州鉄道旅行いさぶろう・しんぺい、はやとの風(JR kyusyu isaburou hayatonokaze)

九州に旅行して来ました。

お目当ては九州の鉄道。九州は鉄道車両がどれも個性的で、鉄道そのものが観光の目的になります。

DSC04520

今回は鹿児島からイン。写真はアミュプラザ鹿児島です。

DSC04513 DSC04541

まずは鹿児島駅をチェック。「指宿の玉手箱」が停車中。残念ながら当日券売り切れで断念。黄色いキハ200も鮮やかです。

DSC04555 DSC04556 DSC04560 DSC04561

本日のお目当て。「はやとの風」です。大正浪漫テイストとでも言いましょうか。木を基調とした美しい車両です。鹿児島中央駅から肥薩線の吉松まで向かいます。2両のうち指定席は1両。もう一両は自由席です。私が訪れたときは席に余裕がありました。車両中央にはフリースペースあり。窓が大きくていいです。

DSC04565
出発。桜島を右に見ながら進みます。

DSC04570 DSC04574 DSC04575 DSC04580

途中、嘉例川駅に停車します。観光列車ですので、かなり余裕を持って停車します。歴史ある駅で、始業開始は明治36年とのこと。すごいな。かれいがわ弁当も有名です。普段はもちろん無人駅ですが、土日ははやとの風号の到着に合わせて、地元の人が出迎えてくれます。いろんな特産品も買えますよ。地元の活性化にも一役買っています。すばらしい。

DSC04584 DSC04585 DSC04588 DSC04590

こちらにも停車。大隈横川駅。機銃掃射の跡。歴史を感じます。

DSC04598DSC04601
吉松駅に到着しました。はやとの風号はこちらまで、ここから先はいさぶろうしんぺい号です。ほとんどの人がはやとの風からいさぶろうしんぺいに乗り換えるのですが、いさぶろうしんぺいの方が自由席が圧倒的に少ないです。10席くらい。自由席狙いの方は駅員さんに自由席の場所を確認の上、吉松駅では遊ばずに並びましょう。

DSC04618DSC04604

基本的にははやとの風と似ています。こちらはシックな赤。

DSC04606 DSC04627

 

車内は大盛況。けっこう長い道のりで、ほぼ100%途中で降りる人がいません。席は確実に確保しましょう。

DSC04634 DSC04639 DSC04633
日本一の車窓絶景ポイントが途中にあります。日本一かどうかは賛否分かれそうです。

DSC04658

こちらの路線の名物は「ループ線」。円を描きながら坂を登っていく方式の線路です。なかなか見られません。ループっぽい写真がこれくらいしか撮れませんでしたが、思った以上にループしていて楽しかったです。

DSC04643
矢岳駅では途中下車して、保管されているD51を見に行きます。せっかく保管するならみたいですよね。

DSC04648 DSC04626

ロゴマークは水戸岡先生テイスト。運転席は意外とそのまま。無骨なキハ40です。

DSC04664 DSC04666 DSC04668 DSC04669

人吉に到着しました。終点です。充実した旅でした。ここからは九州横断特急に乗ります。人吉名物やまぐちの駅弁です。これまた名人物のおじいちゃんが売ります。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です