ロンドン・カムデンタウン カルチャーの坩堝

P5110453

ロンドンの「カムデンタウン(CAMDEN TOWN)」という街を知ってますか?

 

P5110455  P5110482

日本の原宿竹下通りみたいなエリアで、対象年齢はもうちょっと高めでしょうか。

ロンドンの若者文化の大集積地です。

玉石混淆のカオス。

数年前には路上で普通にマリファナが売られていてぎょっとしました。

今はもう少し観光客向けになっており、少し健全化しています。

場所はロンドン地下鉄のカムデンタウン駅周辺。

駅を出るとそこはもう異次元ワールドです。

 

カムデンタウン駅とチョークファーム駅の間の道周辺を指します。

とにかく楽しい街です。悪ノリ最高の街です。

日本のガイドブックにはあまり載らない、載っても扱いが小さい傾向にあります。

 

P5110464 P5110465

中心はカムデンロックと呼ばれるマーケット。

ロックは水門という意味で、

運河の水門の周りにマーケットがあり、たくさんの出店が出店しています。

 

P5110472P5110477

食べ物もありますが、どちらかというと雑貨が多いです。

Tシャツ、携帯カバー、CDレコード、楽器、小物、ポストカードなどなど。

若者が好きそうな物がごちゃごちゃと売っています。

「スニーカーに色塗る屋さん」はけっこういいなと思いました。

 

P5110489 P5110490

こちらはカムデンマーケットとつながっている、

ホーストンネルマーケット(Horse Tunnel Market)のエリア。

軽食が若干増えますが、さらに悪ノリ度合いが増します。

 

P5110499

ライブ会場もありました。入場フリー。

 

P5110498P5110494

ホーストンネルマーケットの一角で、昼休憩。

カムデンタウンオリジナルのエールビールの評判が高いので、

マーケット内のカフェバーで、酔っ払わない程度に昼ビール。

つまみはピッツァマルゲリータ。

相変わらずのイギリスクオリティでした。マジでトマトソースのみ。

 

P5110497 P5110492

カフェの一角で青年がギター+歌の即興を披露中。

歌は微妙だが、、妙にギターがうまい。

ギターが弾きたくて、ついでに歌っている感じ。

イギリス的なメロディラインが「この世代でもこんな感じのメロディなんだな」と思いました。

 

P5110508

廃バイクを使ったベンチ。

 

P5110511 P5110513

いかにもロンドンなカムデンタウン。

満喫して後にしました。

カムデンタウンにはエールがおいしいPubもあったので、

そのうちご紹介します。

 

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です