イギリス保存鉄道ミッドハンツ鉄道 Mid-Hants Railwayに行ってきました。

DSC05569

イギリスの保存鉄道の一つ、

「ミッドハンツ鉄道・Mid-Hants Railway」に行ってきました。

DSC05577

Alton駅からAlresford駅を結ぶ16kmの保存鉄道。

保存鉄道の中では珍しくロンドンからのアクセスが容易で、

ロンドン・ウォータールー駅からサウス・ウエスタン線(South Western Main Line)でAlton駅まで直行便があります。

およそ2時間弱。

Alton駅は1番線と2番線がサウス・ウエスタン線のホーム、3番線がミッドハンツ鉄道のホームになっています。

ロンドンから向かうと2番線に到着しますので、

ミッドハンツ鉄道のホームとは隣り合っています。

この日はあいにく雨・・・

DSC05587

チケットを買いました。ホームに入ってすぐの駅務所(物販兼用)でおばあちゃんが売ってくれました。

特に何も言いませんでしたが「ALL DAY(全日)」のチケットになりました。

 

DSC05588 DSC05602

接続が良かったのか、

Alton駅到着後、10分くらいで列車が到着しました。

テンダーがとても特徴的な黒い大きなSLです。

進行方向からパシャリ。

 

DSC05593  DSC05604

すすで真っ黒の顔。

鉄道マンの勲章です。

DSC05687

車内の様子。

シートカバーがストライプでかわいいです。

DSC05678 DSC05677

DSC05679

途中駅に昔ながらの給水塔がありました。

地域のボランティアに支えられている保存鉄道ですので、作業員は少年でした。関心関心。

軽々とボイラーの上に登り給水。

DSC05643 DSC05650 DSC05635

終点はALRESFORD駅。

単純な往復運転で、距離も短めです。跨線橋もあって良いです。

グッズストアもなかなかの充実。

鉄道模型用品もたくさん売っていました。

DSC05653

終点周辺には車庫もあり。

たくさんのSLが留置されていました。

赤いSLなんて、異国情緒ですよね。

アクセス良しのミッドハンツ鉄道。ロンドンで一日時間が出来たらいかがですか?

ぐるっと海外鉄道旅行のトップに戻る

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です