死海に浮いてみた ヨルダン(Dead sea Jordan)

IMG_5620

巨大な塩湖・死海。
「死海に浮く」ヨルダンに来たらこれをやらないわけにはいきません。

IMG_0638

死海のほとりのホテルに滞在した私たち。デッドシースパホテルという1泊1万円くらいの、ヨルダンにしてはわりと高級なホテルですが、死海周辺では一番リーズナブルなホテルだとか。早朝に死海のビーチへ。写真の手前はホテルのプールです。淡水です。

IMG_5651
入水。浮きます。

ただ、浮きますが、体中がとにかくひりひりと痛い。ささくれや切り傷がある方は相当に覚悟して下さい。
また、死海の水を飲んだらとんでもないことになります。塩分が濃すぎて「しょっぱい」と通り越して「苦い」になります。一度経験してみて下さい。指先をぺろっとなめる程度で充分体験できます。

IMG_0663
死海の湖底は泥。この泥が美容に良いらしく、死海の泥パックはヨルダンの人気のお土産です。欧米人はみんな泥を全身に塗って泥パック。私は肌がヒリヒリしてしまい遠慮しました。

IMG_5634

その後もプカプカ楽しみましたが、やはり20分くらいが限界。皮膚が持ちません。

IMG_0616

湖の向こうに見える陸はイスラエル・パレスチナ。近いです。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2015年1月26日

    […] →死海の様子は別の記事で […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です