ドイツのブルートレイン。ミュンヘン→ベルリンのCNL(シティナイトライン夜行寝台列車)に乗車

ミュンヘンからベルリンへ。

日本ではあまり見られなくなった夜行寝台列車に乗りました。

DSC03001 DSC03002

と、その前に

夜のミュンヘン駅。車の輸送列車が入線していました。

ドイツらしく、メルセデスベンツが乗ってます。あまり近くで見たことがなかったので新鮮でした。

さて、

DSC03004

ベルリンに旅立ちます。

好奇心からCity Night Line(CNL)という寝台列車を利用することにしました。

余裕を持ってホームに行ったつもりでしたが、列車が異常に長く、最終的にはけっこう走らされました。

人気の列車のため、H.I.S.でチケットを手配して行きました。

DSC03005

写真ではわかりにくいかもしれませんが、

まさかの一軸連接車でした。

車両と車両の間に一本軸の車輪が付いているだけという構造です。

耐久度的に大丈夫なのか気になってしまいました。

 

DSC03006

こちら車内。

豪華な夜行列車ではありませんので、狭いです。

皆さん、すぐにベッドの支度。

スーツケースを持って通路を通るのはけっこう厳しかった。

DSC03007DSC03010

こちら座席。

説明が難しいのですが、シングルの座席が対面式になっていて、座る部分が手前に引けるようになっています。

対面している2席の座る部分を引き出してくっつけてベッドにします。当然デコボコしています。

肝心なベッドの状態にした写真を撮り忘れました。

2段目は確か収納式になっていたと思います。記憶が定かでありません。

 DSC03009

さようならミュンヘン。

ビールが美味しい街でした。

23:04発で07:41にベルリンに到着します。

ただの座席をフラットにして寝ているような物(お尻の形状に合わせてデコボコしている)ですので、眠れるわけがないと思っていましたが、

ミュンヘン駅で飲んだビールも手伝ってかぐっすり寝てしまいました。

Footrail管理人

全国チェーンの鉄道模型店に勤務しています。仕事と趣味を兼ねた旅行を多く敢行しています。せっかくですので自分の仕事にもつながるよう当ホームページを開設しました。旅行記を主にしながら、イギリスの保存鉄道訪問記を「鉄道模型店員の「ぐるっと海外鉄道旅行」」にまとめています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です